3D プリンター入門

ホーム > Tinkercad の使い方 > Tinkercad の概要

Tinkercad の概要

Tinkercad は Autodesk 社が提供している入門者用の 3D ソリッド・モデリングソフトです。

2013年に Autodesk が TinkerCAD を買収。無償で利用可能になりました。

ブラウザーベースで使用できるため、Windows、Linux、MacOS などクロスプラットフォームで利用できます。

TinkerCAD では、モデリングした制作物を「デザイン」と呼んでいます。デザインは可視性の設定を「公開」とすれば、 一般に公開することができます。これにより、自分のデザインを世界中の人に広く知ってもらうことができます。

また第三者からのレビューを受けるといった、ソーシャルネットワークを構築することが可能です。

コミュニティによってサポートされるシェイプ・ジェネレータ (形状生成ツール) も充実しています。

例えば歯車を作り出す UsefulGear ツールでは、上のスクリーンのようにパラメータを設定するだけで、 特定の歯車型を作り出すことが可能です。

これを STL ファイルに出力することで、簡単に歯車を作り出すことが可能になります。

ホーム > Tinkercad の使い方 > Tinkercad の概要