3D プリンター入門

ホーム > 後処理 > PLA の表面処理

PLA の表面処理

スポンサーリンク

ここでは PLA で制作したときに、表面処理する方法を説明します。

3D プリンターではフィラメントで造形するので、表面に細かな凹凸ができます。 レイヤーは通常 0.2mm 程度にするので、どうしても目に見えるデコボコになります。

PLA は表面が硬いため、単純なヤスリがけでは 凸凹 を平らにすることは難しいです。

PLA の表面処理方法

まず表面をサンドペーパーで磨きます。荒さ #100 位からはじめて、順番にサンドペーパーの荒さを上げて順番に磨き、#300 位までで全体を磨き表面を平らにします。

汚れをキレイに洗い流してから、次に XTC-3D などのエポキシ・コート剤を塗りしっかり乾かします。フィラメントの充填が少ない所は、乾かしてから数回に分けて重ね塗りします。

完全に乾いたら、さらにサンドペーパーの番手を上げて、表面を磨きます。だいたい #800 位まで磨けば十分です。

プライマでペイントの下地を塗ってから、アクリルペイントスプレーで塗装します。 厚く一度に塗るのではなく、薄く数回に分けてスプレーすると良いです。

ホーム > 後処理 > PLA の表面処理