3D プリンター入門

ホーム > Tinkercad の使い方 > TinkerCAD でシェイプのサイズ・形と場所を変える方法

TinkerCAD でシェイプのサイズ・形と場所を変える方法

このビデオでは Tinkercad でモデリングするときのシェイプのサイズ、形状、場所を変更する方法を説明しています。

作業対象のシェイプを選択すると、四角いツマミが表示されます。このツマミをドラッグしたり、寸法を入力することで、ディメンションを変更することが可能です。

Tinkercad ではマウスドラッグすることで移動する他、矢印キーボードも利用できます。

3次元モデリングでは作業対象のモノの形そのものの他、物体をみる視点の位置・向きによっても見え方が変わってきます。 作業中の "カメラワーク" については「Tinkercad で視点を変える方法」を参考にしてください。

ホーム > Tinkercad の使い方 > TinkerCAD でシェイプのサイズ・形と場所を変える方法